[トップページ] [青輝園案内] [通信販売] [教室紹介] [地図・交通]



現在の開花状況を随時お知らせいたします
開花情報(2018年2月23日)
17Google写真集・360°ビュー
2月1日開園しました。老人福祉施設・障害者割引についてお知らせ。
只今、全体で6分咲。
もう見頃

旅行社様はお問い合わせ下さい。

ただ今・御座敷梅林五葉松・老梅等・老木盆栽、古民家、が見所です
車椅子利用可能な多目的トイレ有ります。
参考資料[2017開花情報][2016開花情報][2015開花情報][2014開花情報][2013年開花情報][2012年開花情報] [2011年開花情報][2010年開花情報] [2009年開花情報] [2008年開花情報] [2007年開花情報] [2006年開花情報] [2004年開花情報]
春のアルバム 
御座梅林YouTubeのお勧め動画です。 


一月の開花状況
今年は寒波の影響で開花が遅れています。
二月の開花状況
2/1開園しました。2/2現在、全体で咲き始め。
2/6寒波は続いていますが室内は開花が少しずつ進んでいます。
2月18日現在、全体で4分咲き 、満開の木も出て来ました 。(梅は三部咲きより見頃を迎えます)。2月23日御座敷は6分咲きになりました。もう見頃です。皆様お早めに出かけください。
三月の開花状況

以後、最新情報をご参照ください。
2月23日現在
室内展示中
来園下さい。


新パンフレットは写真をクィック↑
御座敷梅林 梅情報
老木盆梅展示館一階・「6分咲」
二階部分・ギヤラリー「展示中」
園内大しだれ梅「咲き始め
大型盆梅展示館−「3分咲」
夫婦梅−「3分咲」
古代紅鶯宿−「開花中」
園内の梅-「3分咲」

満月蝋梅・ 満開過ぎ
大黄河蝋梅・ 満開
園内ー老木盆栽展示中
室内展示期間
2月上旬〜3月上・中旬

開園時間
AM9:30〜PM5:00(原則的に)
2018年の開花予想 
全体で?分咲きの表現について・・・梅の花は極早咲、早咲、中咲き、遅咲、極遅咲等が有りますこれらが全部一度に咲くことは無く、「只今、全体で」と言う表現はかなり咲いている木も有れば、蕾の木も有ると言うことです。全体を見回しての大体の割合です。今後の開花情報にご注意下さい。以後、順次更新予定
開花状況の目安「全体で  2019開花予想
1月下旬  0分-0分
     1-2分
2月上旬 1-2分      3-5分
2月中旬 3分-4分 見頃  6-満開
2月下旬 5-満開  見頃 満開
3月上旬 満開・見頃    満開
3月中旬 満開-満開過ぎ室内展示終了予定。3月下旬 室内展示終了 
今後の開花予想を随時ご参考に。
3月上旬迄は順次入れ替えを行います。
団体様の来園受付は随時受付けております。
ご連絡ください。
E-mailinfo@seikien.com
重要なご用件は必ずTELまたはFAXで



一番いい時? 「一番いい時を教えて下さい」の質問について
最近、一番いい時を教えて下さいとの電話が多くかかってきます、梅の見頃は
3分咲きから満開まで見頃になります。3分咲きが好きな方もいれば、満開が
好きな方もいるようです。私たちがお勧めするのは3分〜満開、全体で蕾がまだある
時期をお勧めします。花に力があり艶のある花が楽しめます。
催し イベント情報
二階部分は休憩所となっています。二階から見る「大しだれ」「大型の松」は最高です。是非、お上がりください。二階部分も展示中!!
当園では二階のスペースを利用して趣味、愛好会などの展示・発表の場としています。ご利用ご希望の方はお問い合わせください。
  展示ご希望の方はお問い合わせください。
催し
久保田 毅 さんの写真20点を展示しています。2階展示場

お雛様、さげもん展..大正時代のお雛様を展示しています。 2階展示場

古民家ギャラリー、現代画壇の巨匠・・田崎廣助、坂本繁二郎、岡鹿之助等の油絵や版画を特別展示。代々伝わる書も特別展示「一階部分・二階部分」

 その他・・・青輝園の古い歴史資料展示、
休憩所、売店、等。
トピックス
タイの副首相盆栽を観賞

来日中のタイのスパチャイ・パニッチパック副首相兼商務相が29日、松や梅の盆栽を展示した山川町の「青輝園」(田中克治代表)を訪れた。
スパチャイ副首相は、東京都や福岡市で企業関係者らと会談するため、25−30日の日程で来日。盆栽に強い関心を持っており訪問した。
田中代表らは、約6600平方メートルの敷地に並ぶ約1500点の盆栽の名称、手入れの仕方を説明。副首相は「タイにも盆栽はあるが、日本の方が枝ぶりが良く見事だ」と、水のやり方などを熱心に質問していた。
園内を観賞後、「日本の伝統芸術をより深く理解してもらいたい」と、五葉松と盆栽の本をプレゼントされ、感激した様子だった。

(読売新聞 98/08/31 より抜粋)